• アクセス
  • 電話をかける
  • メールフォーム

冷房病

逗子、葉山のみなさん、こんにちは!浜野整骨院の羽鳥です!
今年の夏は特に暑く、40度を超えたところもありましたね!熱中症対策はされていますか?

 

こまめの水分補給や塩分を取ったり、外に出る時は帽子を被ったりなど気を付けている方も多いと思います。ですが、夏は熱中症だけでなく、冷房病にも対策が必要になります!

今回は冷房病についてご紹介したいと思います。

冷房病を予防して、暑い夏を乗り切っていきましょう!

 

〇冷房病とは
 冷房のかけ過ぎで体が冷える、疲れてだるくなるなど、冷房が原因で起こる様々な症状
を総称して「冷房病」と呼んでいます。

 

〇原因
①冷えすぎ
人の体は夏になると体内での発熱を抑えて、熱を逃がしやすい体質に変化します。その夏の体質の為、冷房の効いた部屋にいると、体内の熱が逃げすぎて「冷え」がおきてしまいます。


② 気温差
 また、外との激しい気温差から自律神経のバランスが崩れます。自律神経は体温の調整をしてるので、バランスが崩れると「冷え」に対しての抵抗力が弱くなってしまいます。


〇症状
・冷えることから、血液の循環が悪くなることで、足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、神経痛、不眠などさまざまな症状が現れます。

・代謝が悪くなることからむくみや疲れ、だるさが起こります

・免疫力が衰えることで、風邪を引きやすくなります

・ストレスが蓄積されることで、不眠に繋がります。

 

〇対策
①エアコンとの付き合い方
エアコンの標準的な設定温度は25~28度が良いとされています。ただ、体感温度は人によって違うので、寒いと感じない温度が基本になります。また、エアコンの風に直接当たると、体温が急速に奪われます。吹き出す冷気に当たらないようにしましょう。

② 服装
自分で温度を設定できない職場のオフィスなどでは、冷房の効き過ぎで冷えることがあります。
そうした場所では自衛策が必要です。特におススメなのが「腹巻」です。

冷えから胃や腸の調子を崩すことがありますし、腹部を温めると全身の温度も上昇しやすいです。
腰の冷えも防ぐので、腰痛の予防にもなります。カーディガンなどで直接冷気に当たらないように肌を隠すのもいいです。

③食事
夏にはソーメンやアイスなど冷たいものを食べたくなります。ですが、エアコンの効いた場所で冷たいものを食べたり、飲んだりすると、体が内側と外側から冷やすことになります。エアコンの効いた場所では、少し汗ばむ位の温かい食べ物や飲み物をとるようにしましょう。

④ 入浴
 暑い季節はシャワーで済ませる方が多いと思いますが、シャワーは血管を広げ、十分に温める効果は期待できません。お湯につかるとしっかり温まるだけでなく、水圧によって血流も良くなります。

 

 

今年の夏は平成最後の夏ですね!楽しい夏を過ごしたいですね~!
その為にも熱中症、冷房病対策に充分に注意していきましょ~!

それでは~!!

1日2名様限定1,980円