• アクセス
  • 電話をかける
  • メールフォーム

インフルエンザにご注意を!

逗子・葉山の皆さんこんばんは!浜野整骨院の荻野です。さてさて今日は~!!何を書こうかなと考えていなかったので全然手が進まず困っています。改めて何事も準備が大切なことを思い知らされますね。。。とほほ

さて、真剣に書き始めようと思います。ついに今年もこの季節がやってきましたね。この季節とは、、、みなさんお分かりだと思いますが、そうインフルエンザの季節です。

インフルエンザのワクチンが足らないとニュースで言っていました。患者さんの中にはワクチンが足らず、予防接種の予約をずいぶん先に取った方がいました。保育園や幼稚園ではインフルエンザが流行っている園もあるそうです。

インフルエンザにかかりたい人はいませんよね。でもインフルエンザの流行は11月から始まり3月くらいまで続くと言われています。年内にかからなくても、年明けにかかってしまう方もいますよね。暖かくなるまでは油断は禁物ですね!!

インフルエンザは主に、飛沫感染と言ってインフルエンザに感染した患者さんの咳やくしゃみなどで感染すると言われています。インフルエンザウィルスが呼吸時に鼻やのどから身体の中に入り、鼻やのどの粘膜につくことで感染しています。

 

ここで勘の良い人は予防策に気付くと思いますが、、、やっぱり「マスク」が飛沫感染を防ぐためには大切ですね!通勤や通学があれば人の波は避けられないので、いかに身体の中にインフルエンザウィルスを取り込まないかが大切です。

インフルエンザと普通の風邪はどのような症状の違いがあるのでしょうか?

風邪では熱は37度~38度くらいで咳やくしゃみ、鼻水など気道に起こる症状がメインですが、インフルエンザの場合熱が38度以上のことが多く、気道症状だけでなく全身症状になります。

咳、鼻水はもちろんですが、全身の倦怠感、食欲不振、関節痛、頭痛など全身の症状が現れます。大きな違いはこういった違いになりますので、「風邪かな?」と思った時に参考にして下さい。

さらに、ご高齢の方がインフルエンザにかかった場合、気道粘膜や全身の抵抗力がさらに低下するため、細菌に感染しやすくなります。そのため肺炎を発症しやすくなり重篤になる可能性があります。

インフルエンザは良く聞く言葉で身近に感じますが、やはり症状も強く、年齢によっては重篤になる可能性があるので注意が必要ですね。みなさんもお気を付けください!!

私は昨日から施術中にマスクをし始めました。

では、今日はこれで以上になります。最後までお読み頂きありがとうございました。

 

1日2名様限定1,980円