• アクセス
  • 電話をかける
  • メールフォーム

夏バテにおすすめの食事

逗子、葉山のみなさん、おはようございます。浜野整骨院の荻野です!!今日も元気にブログを書いていきますね!と言いたいところですが暑さで身体もバテ気味のような・・・

 

逗子、葉山のみなさん、またブログを見て頂いてる方はバテていませんか?この時期にこんなに暑くていいのか?と思うくらい暑いですね。このように暑い時はどのようにして元気を出しますか?

 

ブログでもいくつかご紹介しているように、お水の摂り方や熱中症対策など気を付ける点はいくつかありますが、今日は夏バテにならず元気に過ごすための食事についてお伝えします。

 

やはり暑い夏は、身体がだるくなり、疲れがたまりやすくなります。多くの方も経験があると思いますが、暑いせいで食欲が落ちてしまうなんてことも過去あったのではないでしょうか?

 

それは肉体的な疲労もあるのですが、クーラーに当たることで自律神経が乱れたり、冷たい飲み物、食べ物で胃腸が冷えてしまい、本来の機能が果たされなかったりと色々原因があります。

 

食欲を落とさず、しっかり栄養を付けるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

浜野整骨院で患者さんにお伝えしている内容は、冷たい飲み物をグビグビ飲みたいところですが、いったん口に含んで少しだけ常温に戻してから飲むようにしましょう。というものです。これだけでも胃腸にかかる負担は少なくなり、内臓器への負担は抑えられるので、ぜひ実践してみてください。

 

では夏バテを解消するために疲労回復効果のある食べ物をお伝えします。とくにこれからお伝えする栄養素を含む食材を選んで、献立を考えましょう!

 

・ビタミンB1を含む食べ物

ビタミンB1が不足してしまうとブドウ糖がエネルギーに変わらず、疲労物質の乳酸となって夏バテを起こします。そのため、ビタミンB1を含む食材を積極的に摂り、エネルギーの代謝をよくしましょう。具体的にはうなぎ、豚肉、タイ、ブリ、大豆、玄米、ほうれん草などです!

 

・アリシンを含む食べ物

 

アリシンには、ビタミンB1を吸収しやすくするほか、ビタミンB1の効果を持続する働きがあります。具体的にはにんにく、ニラ、ねぎ、玉ねぎなどです!

 

・ナイアシンを含む食べ物

ナイアシンも、疲労回復効果がある栄養素です。ほかにも、脳のホルモンであるセロトニンの原料になります。体内でナイアシンが足りなくなると、慢性的に疲労を感じ精神的に不安定になることもあります。具体的には豚レバー、タラコ、アジ、サバなどです!

 

アリシンやナイアシンと聞くと、どういったものかイメージしずらいですが、疲労回復にはとても重要なんです!覚えておいてくださいね。

 

次は皆さんも馴染みがあると思うのですが・・・

 

クエン酸を含む食べ物

すっぱい食べ物に含まれ、疲労物質である乳酸を分解し、身体の外に排出する働きがあります。具体的にはレモン、グレープフルーツ、オレンジ、梅干しなどです!

 

私は梅雨の時期から継続して朝と夜にレモン水を一杯ずつ飲んでいます。レモンの香りがしてとても飲みやすくおいしいです!

 

夏はそうめんなど食べやすいものを好み食事する機会が多くなりますよね。炭水化物にかたよった食事になりやすく、栄養バランスが崩れがちです。不足しやすいタンパク質やビタミンなど、先程お伝えしたものを積極的に摂るようにしてくださいね!

 

では今日はこの辺で~

 

浜野整骨院 院長 荻野俊

1日2名様限定1,980円