• アクセス
  • 電話をかける
  • メールフォーム

梅雨に起こりやすいアレルギー

逗子、葉山のみなさん。おはようございます。

 

梅雨に起こりやすいアレルギー症状を知っていますか?アレルギーといえば食品、ダニ、花粉などが有名ですが「カビアレルギー」というものもあるんです。

 

カビの胞子を吸い込むことによってアレルギー症状を発症します。カビの胞子は小さく目で確認できるものではありません。また花粉とは違い、外よりも家の中の方がカビの胞子の量が多いのです!そのため、外では症状は出ないのに家の中だと症状が出るというところがポイントです。

 

カビアレルギーの症状とは?

 

目に起こる症状としてはカビの胞子が空中にある場合に目の中に入る確率が高くなり目やに、ごろごろする、かゆみ、涙が出るなどの症状が起きます。

 

鼻に入った時の症状としては、くしゃみや鼻水、鼻づまりです。くしゃみ、鼻水、鼻づまりが起こるのは、カビを鼻から外に出すための体の免疫反応が機能しているから起こるのですが、人前で起こってしまうと相手に嫌な思いをさせるのではないかと気になりますよね。

 

のどの症状としてはたん、のどのかゆみ、咳などがあります。呼吸し、気管支に到達した場合は気管支の粘膜に付着し、乾いたような咳が出ます。

 

梅雨の時期で雨が降っている、ジメジメしているだけで嫌なのに、これらの症状まで一緒に出てきてしまったらとても辛いですよね。

 

では、こういった症状に対してどのように対策したらいいかをお伝えしますね!基本的には除湿です。カビは温度が25~30℃で、湿度60~80%で最も活発に増殖します。湿気の多いところにカビは発生しやすいので除湿が一番効果的です。

 

どんなに掃除をしても、カビを完全に消滅させることは不可能ですが、露を拭きとったり、

除湿機を使うことで湿度を最小限にしましょう。それ以外には、風通しをよくすることがとても大切です。密閉してあるクローゼットの中や、物と物の隙間があまりなく普段風邪通りの悪いところに風が行くように工夫をしてみましょう!

 

もう1つ対策があるのですが、これはあまりしていない方が多いのではないでしょうか?それは「寝具を清潔にする」「パジャマを毎日変える」ということです。人は一晩で平均200mlの汗をかくといいます。暑くなれば寝汗をかく量も増えますよね。布団や衣服はは汗を吸収しているので、汗をかいたまま放置してしまうとこれがカビの原因にもなります。

 

なので毎日パジャマを変えること、晴れた日には布団を干し汗を放出することが大切です。

なるべくこまめに干すようにしましょう。

 

今日は以上になります!ありがとうございます。

 

浜野整骨院 院長 荻野俊

1日2名様限定1,980円