• アクセス
  • 電話をかける
  • メールフォーム

GW!!長時間運転の座り方

逗子のみなさんこんばんは!!
浜野整骨院の荻野です。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?逗子、葉山は観光客が多くて外出を控えた方も多いのではないでしょうか?

私は栃木の益子市に行き益子焼の陶器市に行ってきました。前々から妻に誘われていたのですが、たくさん歩くのが嫌だったことと、陶器市に興味がなかったので断っていましたが、行ってみてとても楽しかったです!!

普段触れることがないことやものに触れる事は、また新しい価値観に気づくことができ、いろいろなアイデアが湧いてきます!ぜひ興味のある方は行ってみて下さい。

このまま私のゴールデンウィークの過ごし方でブログを終わらせてもいいのですが、陶器市に行ったことで改めて感じたことがあるのでお伝えします。

その感じたこととは長時間の移動の座り方は普段よりもより気をつけなければいけないと言うことです。栃木までの移動は車で、行きは4時間半帰りは3時間半運転をしていきました。

患者さんに伝えているので特に座り方は気をつけて生活をしていますが、時間が長くなると気が緩み少しずつ姿勢が崩れていってしまいます。

長時間の運転で注意が必要なのは「お尻の高さ」と「膝の向き」です。お尻の高さは車のシートに座った時に沈まないようにしましょう。

膝よりもお尻が沈んでしまうと骨盤が後傾と言って丸まってしまい、姿勢が悪くなります。車のシートから立ち上がったときに腰が痛いと感じた事はありませんか?

感じたことがある人はお尻の高さに注意して運転をしてください。私の場合はタオルを三つ折りにしお尻の下に引きますそ。うすることでお尻が膝よりも高くなり良い姿勢で運転できます。

膝の向きで大切なのはアクセルを踏む時に膝の向きが外側に向いていないかを注意してください。初めはまっすぐ向けているのですが、高速などでずっとアクセルを踏んでいると膝が少しづつ外側に向いています。

長時間の運転で骨盤の形や足の向きが崩れてくると、ものすごく疲労を溜めてしまい、せっかく旅行に行ったの腰が痛くて旅行を楽しめなくなってしまいます。

この「お尻の高さ」と「膝の向き」を気をつけるために椅子の位置や背もたれの角度を調整してあげると、より座りやすく運転しやすくなりますので、もし遠くにお出かけの際や、座る時間が長くなるときはこの2つに注意して座ってみてくださいね!!

浜野整骨院 荻野俊

1日2名様限定1,980円