• アクセス
  • 電話をかける
  • メールフォーム

衣類と体温調節について

おはようございます。浜野整骨院の宮崎です。

今回は衣類と体温調節についてお話したいと思います。


4月も中旬になり、ようやく春らしい陽気になってきましたね。しかし春の陽気は日中は過ごしやすいと思ったら、朝晩は少し寒く感じたり、日によっては25℃以上の夏日になったり、お店や電車内に入ると暑かったりして体温調節をするのが難しくもありますよね。
特に女性の方は、ホルモンや筋肉量の関係もあり体温調節が難しく、基礎体温も低く冷え性などの方も多い思います。

ちなみに私は、このところ通勤時の電車内で暑くなり汗をかいていたり、就寝時に暑さのあまり着ている服を脱いでいて、起きたらパンツ一丁になっていることもたまにあります(笑)

この様に体温調節がうまくできないと、身体に負担がかかり、特に自律神経などに影響が出て様々な症状が出てきやすくなってしまいます。
例えば...身体が重い。疲れが抜けにくい。お腹の調子が悪いなど。

では、どのような服装・素材のものが適しているのかお話していきたいと思います。

天気予報を見て、気温からその日の洋服を選ぶ方が多いと思います。
気温別の目安として
~6℃→ダウン・コート+マフラー・手袋
7℃~11℃→ダウン・コート
12℃~15℃→セーター・ジャケット
16℃~20℃→薄手のカーディガン・パーカー
21℃~25℃→長袖のシャツ
25℃~→半袖シャツ

気温別の目安としてこの通りになります。今の様な季節の代わり目に便利なアイテムは、カーディガンとパーカーです。特にカーディガンは羽織るだけですぐ寒さをしのげますし暑ければすぐに脱げます。前ボタンを開けるのか閉じるのかでも調節ができます。この着脱のし易さがポイントになってきます!
かつ職場でもお買い物中でも、どの場面にも合いますからオシャレ感も演出できます!

次に素材ですが、春のこの時期は
綿(コットン)・・・天然繊維の中で最も衣料に使われています。肌触りも良く吸湿性が良く汗も吸うため、綿は季節を問わず良いです。

麻・・・春夏物によく使われていて、温かみのない素材の為、着心地がとても涼しく感じます。

ナイロン・・・速乾性に優れていて、軽いです。スポーツウェアなどに使われてることが多いです。

これらの素材の物が比較的この春頃には適しています。

他にはサイズ感も関係してきます。
締め付けの強すぎ物、脱いだ時に跡がつく様な物は血管を圧迫してしまい血流が悪くなり体温調節がうまくいかなくなることがあります。

"オシャレは我慢"と言いますが、身体に負担がかかる服装、素材の物を身につけて体調を崩してはオシャレもできなくなってしまいますので、ブランドや形だけではなく、生地の割合や利便性も考慮した上で洋服を選び生活してみると新しい発見があるかもしれませんよ!

1日2名様限定1,980円