• アクセス
  • 電話をかける
  • メールフォーム

やはり腰痛でした。

逗子のみなさん、おはようございます。浜野整骨院の荻野です。

年が明け浜野整骨院の診療が始まってから2週間が経ちました。お越しいただく方の体には特徴的な症状がありました。

なんだと思いますか?それは…

腰痛でした。メンテナンスで通われている方も腰に疲労が溜まっていましたし、初めて来院される方は腰痛や坐骨神経痛でお悩みの方がほとんどでした。

今日はなぜ、お正月に腰に疲労を溜め腰痛が出てしまうのか、その理由を2つお話しします。「あっ、それ私のことだは」と思われた方はぜひ、最後までお読みください。

理由をお話しする前にあなたはどんなお正月を過ごしていたでしょうか?毎日決まった時間に起きて、朝散歩をしたり、ランニングをしたりして身体を動かしていたでしょうか?

お正月番組を見て座る時間が長くなる時に良い姿勢で見ていたでしょうか?お酒の量にも気を付け休肝日を設けていたでしょうか?ここまで出来たら完璧なお正月でしたが現実はなかなか難しいです。

私も以前は連休となればひどい過ごし方をしていました。夜遅くまで起きて、テレビを見たりゲームをしたりしていました。そうすれば当然、朝起きるのは遅くなります。

時計を見てお昼近いと何かやろうとしてもめんどくさくて、なかなか出来ません。ずっとそのままあぐらをかいたり、変な姿勢でテレビを見て一日が終わるという感じでした。

ブログを書いていても「本当にひどかったな」と思います。良い子は絶対にマネをしてはいけません(笑)

思い返すとやはり身体はご主人様の使い方が大事なんです。私が過ごしていた以前のお正月の状態では当然壊れていきます。実際高校時代は足の怪我や腰の怪我に悩まされました。

そのためあなたには自分自身で身体を壊し、家事が大変な状態や、お仕事に行けない状態になってほしくはありません。腰痛があるときだけ、自分で腰痛ストレッチをしてその場をしのいでほしくはありません。この1年を元気に過ごすためにもこれから話す2つのことを守って生活してみてください。

1つ目、それは姿勢です。昨年からずっとお伝えしているように身体は姿勢によって壊れもするし、元気でもいられます。特にいけない姿勢は「足を組む姿勢」「あぐら」「足を開いて座る」「女の子座り」「やわらかい座面に座るようなお尻が沈む姿勢」です。

これらを守るだけで、今まで腰にかけていた負担を大きく減らすことができます。ぜひ意識してみてください。

2つ目は、運動をするということ。運動と言っても激しくするのでは2、30分のウォーキングやランニングで構いません。新しく運動の時間をつくれない方は買い物ついで位遠回りして帰るとかでもいいです。一駅前で電車を降りて歩いて会社に行くとかでもいいです。

運動をすることで、関節が動き、筋肉が刺激され血流の流れが促進されます。ぜひ、取り組んでみてください。皆さんに言うからこそは私も取り組んでいきますからね!

1年間元気に過ごしましょう!

浜野整骨院 荻野

1日2名様限定1,980円