• アクセス
  • 電話をかける
  • メールフォーム

姪っ子がかわいくてつい姿勢が・・・

逗子のみなさん、おはようございます。一昨日と昨日は暖かくて過ごしやすい天気でしたね。絶好の洗濯物日和でした。

さて、私は一昨日3ヶ月の姪っ子を抱っこしながら食事をしていました。まだまだ小さく、首もしっかりすわっていないので、初めは抱っこも怖かったです。

だんだんと慣れてきて抱っこしながら食事ができるようになりましたが、私の腕の中で寝ている姪っ子を見るとかわいくてかわいくて(^^)絶対に起こしたくなく、どうやったらより寝やすいかなーなんて考えていたら自分の姿勢がめちゃくちゃになっていました。「まぁもう今日はしょうがない!」と割り切りましたが、やはり昨日腰に疲労が溜まっている気がしました。

今年もあと少しです!これから忘年会シーズンになり腰かける時間、お酒を飲む機会も増えてきます。そこでこういった時期に注意してほしいことを今日はお話しします。

まずはなんといっても姿勢です!椅子に腰かけていてもお酒が入ると姿勢を維持するのは本当に難しいです。お酒も入っているので姿勢が崩れていることにも気づきません。「忘年会の時まで姿勢なんて気を付けていられるかー!」と大胆に足を開きます。

座敷であればあぐらや横座りになり背中は丸まります。当然腰に負担がかかり、その時はアルコールでごまかされていても、後日必ずそのダメージは身体に響きます。

席を移動したりしてこまめに姿勢を変え、長時間同じ姿勢にならないようにしてあげること、次の日からはまた良い姿勢で生活することで疲労も抜けやすくなります。

2つ目は休肝日を作ろう!です。当たり前ですが、アルコールは身体にとって毒なのです。アルコールが体内に入ると肝臓で解毒されます。肝臓もアルコールの量が多かったり、連日続く飲み会で疲労し解毒機能が落ちます。

お酒を飲みながら間にお水を飲んだりするといいですし、やはり休肝日で最低週3回は休んであげないといけません。お仕事されている方は大変かもしれませんが、ご自身の健康も考えてあげるといいですね!

最後に飲む前の体調に合わせて酒量を考えようです!年末ですから普段より仕事量が増え睡眠不足が続いている方や、寒さで体調を崩している方もいるかもしれません。それこそ連日の飲み会で体調も優れていないかもしれませんね。

普段はお酒を飲めていても、体調の崩れているとそうはいきませんからその日の体調を考えて飲む量を決めるといいですね!

年末年始を元気に過ごせるように今のうちからから身体のことを考えて行動しましょう!

浜野整骨院 荻野俊

1日2名様限定1,980円