• アクセス
  • 電話をかける
  • メールフォーム

骨さんの役割

逗子のみなさん、こんにちは。この間は逗子にも初雪が降りましたね。天気予報でも雪は降ると言っていましたが、あまりにも早いため「この時期に降るわけないだろー」と思っていましたが、実際に降ってビックリしました。

寒かったり、暖かかったりで体調を管理するのが難しいですが、くれぐれも風邪や流行ってきているインフルエンザには気を付けてくださいね。

今日の浜野整骨院ブログの内容…「骨」です!!普段から姿勢に気を付けてくださいとか、骨がゆがむと痛みが出てくるとお伝えしていますが、その骨について色々な役割があるのでそれを今日はお伝えします。

骨の役割は①支持作用 ②運動作用 ③保護作用 ④造血作用 ⑤貯蔵作用です。なんか学校の勉強みたいですね(笑)

支持作用とは文字通り体を支えているということです。体には200個ほどの骨があり、その一つ一つが体のさまざまな器官を支え姿勢を保っています。

運動作用とは腰を曲げたり、腕を上げたりしているということです。骨が連なり関節を作ります。その関節をまたぐように筋肉がつき筋肉と協力して運動が出来ています。

保護作用は脳や内臓器を守っているということです。浜野整骨院ではお弁当箱の話をしますが、箱が傾けば中身も傾きます。蓋がなければ中身が飛び出してしまいます。体も同じで骨である箱が中身を守っています。

造血作用は骨で血液が作られているということです。支持・運動・保護は知っている方もいるとは思いますが、まさか骨で血液が作られているとは!って感じですよね。具体的には骨の中心にある骨髄で血液を作っています。

貯蔵作用とはカルシウムやリンなどを貯蔵して必要であればカルシウムを溶かし、血液の中に送ったりしています。そのようにして体の中で自然とバランスを取っています。

…骨っていろいろ働いているんですね。ただ白くてまっすぐな棒なわけではないんですね。感心しました。普段なんとなく使っている体ですが、役割や働きを勉強するのも意外と楽しいですね!!

では、今日はこの辺で!

浜野整骨院 荻野俊

1日2名様限定1,980円